治療例|東京・新宿で女性ならではの細やかな配慮を行う歯医者「ハリウッド・スマイル矯正歯科」

治療例 CASE

出っ歯(上顎前突)

  • 治療前
  • 治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
  • 患者さま情報

    24歳 女性

  • ご要望・問題点

    前歯の凸凹が気になる。

  • 症状

    上下顎歯列の副径の狭窄と叢生を伴う上顎前突。

  • 治療期間

    1年10ヶ月(動的治療期間)

  • 治療費

    125万円(税別)

  • 治療詳細

    上下マルチブラケット装置(上顎はリンガルアプライアンス・舌側矯正・裏側矯正)、TAD(アンカースクリュー)2本使用、QH(クォードヘリックス).BH(バイヘリックス)使用。抜歯症例。

デコボコ(叢生)

  • 治療前
  • 治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
  • 患者さま情報

    22歳 女性

  • ご要望・問題点

    前歯の凸凹が気になる。

  • 症状

    下顎骨の左側扁位、交叉咬合を伴う叢生。う蝕による欠損している歯がある。不良補綴物がある。

  • 治療期間

    2年0ヶ月(動的治療期間)

  • 治療費

    115万円(税別)

  • 治療詳細

    上下マルチブラケット装置(上顎はリンガルアプライアンス・舌側矯正・裏側矯正)、TAD(アンカースクリュー)2本使用。抜歯症例。

デコボコ(叢生・非抜歯症例)

  • 治療前
  • 治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
  • 患者さま情報

    31歳 男性

  • ご要望・問題点

    前歯のでこぼこと受け口になっているところが気になる。

  • 症状

    下顎前突傾向のある叢生。クロスバイト(交叉咬合)。

  • 治療期間

    1年0ヶ月(動的治療期間)

  • 治療費

    80万円(税別)

  • 治療詳細

    上下顎マルチブラケット装置 セラミック製ブラケットと白いエステティックワイヤー使用。非抜歯症例。

受け口(下顎前突)

  • 治療前
  • 治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
  • 患者さま情報

    20歳 女性

  • ご要望・問題点

    上下の前歯のでこぼこと受け口が気になる。

  • 症状

    叢生、下顎骨の左側偏位、開咬を伴う下顎前突。

  • 治療期間

    1年3ヶ月

  • 治療費

    80万円(税別)

  • 治療詳細

    歯の色をした白いセラミック製のブラケット装置と白いエステティックワイヤーを使用した表側からの矯正装置。抜歯症例。

前歯が噛み合わない(開咬)

  • 治療前
  • 治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
  • 患者さま情報

    21歳 女性

  • ご要望・問題点

    前歯が噛み合わないのが気になる。

  • 症状

    上顎の正中がずれている。下顎骨が骨格性に左側に偏位している。口呼吸と舌癖が認められる。叢生と下顎前突傾向のある開咬。

  • 治療期間

    2年0ヶ月

  • 治療費

    80万円(税別)

  • 治療詳細

    歯の色をした白いセラミック製のブラケット装置と白いエステティックワイヤーを使用した表側からの矯正装置。抜歯症例。QH(クォードヘリックス)とTAD(アンカースクリュー)を使用した。

すきっ歯(空隙歯列)

  • 治療前
  • 治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
  • 患者さま情報

    24歳 男性

  • ご要望・問題点

    上下の前歯のすきっ歯が気になる。

  • 症状

    上下顎とも空隙歯列(スペースドアーチ)。

  • 治療期間

    5ヶ月

  • 治療費

    47万円(税別)

  • 治療詳細

    上下顎 アライナー(マウスピース)治療。非抜歯症例。

口もとが出ている(上下顎前突)

  • 治療前
  • 治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
  • 患者さま情報

    26歳 女性

  • ご要望・問題点

    前歯の凸凹が気になる。

  • 症状

    叢生を伴う上下顎前突。舌癖が認められたため、MFT(口腔筋機能療法)を行った。

  • 治療期間

    2年0ヶ月

  • 治療費

    100万円(税別)

  • 治療詳細

    上下マルチブラケット装置(セラミック製のブラケットと白いエステティックワイヤーを使用した装置)、パラタルバー使用。抜歯症例。

歯茎が目立つ(ガミースマイル)

  • 治療前
  • 治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
  • 患者さま情報

    32歳 女性

  • ご要望・問題点

    口元が閉じにくい、噛み合わせが深い(Deep Bite)とガミースマイルが気になる。

  • 症状

    過蓋咬合、上顎前突。下顎歯列が狭窄し奥歯は鋏状咬合(シザースバイト)になっている。

  • 治療期間

    3年6ヶ月(動的治療期間)

  • 治療費

    110万円(税別)

  • 治療詳細

    歯の色をした白いセラミック製のブラケット装置と白いエステティックワイヤーを使用した表側からの矯正装置を使用しました。BHにて下顎歯列の側方拡大をし鋏状咬合の改善をしました。TADにてガミースマイルの改善をしました。抜歯症例。

小児矯正

  • 治療前
  • 治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
  • 患者さま情報

    8歳6ヶ月 女性

  • ご要望・問題点

    受け口がきになる。

  • 症状

    上顎骨の劣成長を認める骨格性の下顎前突。

  • 治療費

    35万円(税別)

  • 治療期間

    4年7ヶ月(動的治療期間:1年0ヶ月)
    ・拡大床使用:1年9ヶ月
    ・マルチブラケット装置:1年0ヶ月
    ・プロトラクター使用(下顎前突の治療):3年6ヶ月(咬合誘導期間)

  • 治療詳細

    上顎の歯列の副径が狭窄しているため、拡大床にて側方拡大をしました。上顎骨の劣成長のため、プロトラクターにて骨格的な改善をし、下顎前突を治しました。リテーナーとプロトラクターにて、乳歯から永久歯に生え変わりの時期に咬合誘導を行いました。

ホワイトニング症例1

  • 治療前
  • 治療後
治療前
治療後
  • 患者さま情報

    24歳 女性

  • 治療費

    0円(矯正治療に付帯していたため)

  • 治療回数

    1回

  • 治療内容

    ホーム・ホワイトニング

ホワイトニング症例2

  • 治療前
  • 治療後
治療前
治療後
  • 患者さま情報

    25歳 女性

  • 治療費

    ホーム・ホワイトニング:3万円(税別)、ウォーキングブリーチ法:1万円(税別)

  • 治療回数

    ホーム・ホワイトニング:3回、ウォーキングブリーチ法:3回

  • 治療内容

    ホーム・ホワイトニング、ウォーキングブリーチ法

ホワイトニング症例3

  • 治療前
  • 治療後
治療前
治療後
  • 患者さま情報

    28歳 女性

  • 治療費

    0円(矯正治療に付帯していたため)

  • 治療回数

    1回

  • 治療内容

    ホーム・ホワイトニング

ホワイトニング症例4

  • 治療前
  • 治療後
治療前
治療後
  • 患者さま情報

    29歳 男性

  • 治療費

    1万円(税別)

  • 治療回数

    1回

  • 治療内容

    ホーム・ホワイトニング

ホワイトニング症例5

  • 治療前
  • 治療後
治療前
治療後
  • 患者さま情報

    25歳 女性

  • 治療費

    0円(矯正治療に付帯していたため)

  • 治療回数

    1回

  • 治療内容

    ホーム・ホワイトニング

治療におけるリスク・副作用について

※歯を移動させる時、違和感や痛みが数日~1週間ほど出ます。感じ方には個人差があります。

※歯が移動する速さには個人差があります。早く移動する人もいればゆっくりな人もいます。

※矯正装置が装着されるといつもより歯磨きが難しくなります。

※毎日、丁寧に矯正装置の清掃をする必要があります。

※清掃不十分な場合、虫歯や歯周疾患に罹患することがあります。多数の虫歯や歯周病の進行が認められた場合、治療をして中断・中止することがあります。

※歯が移動するとき(個人差がありますが)不可避的に歯の根が短くなることがあります(歯根吸収)。

※治療中あるいは治療後に顎の関節に何らかの症状があらわれることがあります。

※著しい叢生部分や歯肉炎や歯周病に罹患した部分、歯牙の欠損がある部分は歯肉退縮することがあります。

※マウスピース矯正は終日の使用が必須です。使用時間が短い場合、歯並びは治りません。

※動的治療が終了した後は、保定装置を使用する必要があります。指示通り使用できない場合は後戻りや予想のできない歯牙移動が起こることがあります。

※一期治療(混合歯列期・成長期の治療)から二期治療(永久歯列期)へ移行が必要になることがあります。

※一期治療の場合、永久歯列になった時に再診断を行い、二期治療の必要性の有無や抜歯の有無など治療方法についてカウンセリングします。

ご相談・カウンセリングは無料です

無料メール相談 無料カウンセリング予約
03-3355-0055 火曜・水曜・金曜/11:30~20:00
土曜・日曜・祝日/10:00~19:00
(休診日:月曜・木曜)