矯正歯科コラム

インプラント矯正

矯正歯科の治療のひとつにインプラント矯正という治療があります。インプラントという言葉は比較的耳にしますが、インプラントを使用した矯正治療となると初めて聞いたという方もいるのではないでしょうか。インプラント矯正は、基本的にワイヤー矯正と矯正用に開発されたインプラントを併用して歯並びを治す治療法です。

インプラント矯正のメリット

通常の矯正歯科治療は、歯と歯を引っ張り合って歯を移動させますが、インプラント矯正は移動の固定源として動かしたい歯だけを動かすことができるので、効率的に治療を行うことができます。固定源の埋入位置によっては、様々な方向に動かすことも可能です。
また、インプラント矯正の登場によって、今までは抜歯をしてスペースを確保する治療が必要だった症例でも、抜歯をしないで治療ができたり、従来の矯正治療より短期間で治療できるなどのメリットがあります。
矯正用インプラントは、失った歯を補うようなインプラントとは異なり、歯並びを治すためのもので、ものを噛むためのインプラントではありません。したがって、インプラントの大きさは太さ2mm程度、長さ10mm程度と小さいものとなっています。

費用や治療期間はどれくらい?

矯正用のインプラントの費用相場は1本2〜10万円ほどで、1本30〜50万円ほどする一般的な歯科用インプラントと比較するとかなり安くなっています。
治療期間の短縮は、歯の状態など個人差も大きく関わってきますが、最大で数ヶ月ほどを短縮するケースもあります。

インプラント矯正のデメリット

矯正用インプラントを顎骨に埋入するために外科手術が必要になります。手術後にインプラントを埋め込んだ部分を清潔に保たなければ、インプラント周囲炎等の感染を起こす場合があります。
また、ごく稀に矯正用インプラントが折れることや外れてしまうこともあります。

Copyright (C) 2009 Hollywood Smile Orthodontics Ofiice All Rights Reserved.