矯正歯科コラム

噛み合わせが悪いことのデメリット

歯並びや噛み合わせが悪くても、極端に見た目に影響するようでなければ、矯正歯科治療を検討する方は多くはないと思います。しかし、噛み合わせが悪いデメリットはたくさんあり、放置しておくといろいろな支障が出てきます。

虫歯・歯周病

歯並びが悪いと歯磨きの際にどうしても歯ブラシが行き届かない部分が出てきて、自分ではキレイにしたつもりでも、磨き残しが残っていることがあります。
また、噛み合わせが悪いと特定の歯の負担が大きくなってしまい、歯と歯肉に隙間が開いてしまい、その隙間に歯垢が溜まり、結果的に虫歯や歯周病を引き起こすこともあります。

顔の歪み・顎関節症のリスク

噛み合わせが悪いと、どうしても噛みやすい歯ばかり使って噛んでしまったり、特定の歯に負担がかかってしまったりするため、自然と顔の筋肉も偏った使い方になってしまいます。よく、片側噛みをしていると顔が歪むと言われていますが、それと同じで顔が歪んでしまいます。
また、噛み合わせが悪いと顎に大きな負担がかかってしまうことがあり、悪化すると顎関節症を引き起こしてしまう可能性もあります。

歯ぎしり

歯並びが悪い人だけが歯ぎしりをするというわけではありませんが、歯並びや噛み合わせが悪い人は歯ぎしりもしやすくなると考えられています。
さらに歯並びが悪い人が歯ぎしりをすると、噛み合う歯が少ないので特定の歯だけに大きな負担をかけてしまいます。また、歯ぎしりによってさらに歯並びが悪くなってしまうこともあるので、注意しておく必要があります。

早めの治療をおすすめします

噛み合わせの悪さは虫歯や歯周病、顔の歪み、歯ぎしりといった不調だけでなく、自律神経失調症との関係性もあるといわれています。体を左右対称に使えていないと、身体だけでなく自律神経のバランスまで悪くしてしまうと考えられています。
このように噛み合わせが悪いことによるデメリットはたくさんあります。安易に「噛み合わせくらい…」と考えずに、できれば矯正歯科の専門医に相談して、早めの治療を受けることをおすすめいたします。

Copyright (C) 2009 Hollywood Smile Orthodontics Ofiice All Rights Reserved.