矯正歯科コラム

親知らずと顎関節症

顎関節症は、顎が痛い、口を開くときに顎がカクカクと鳴る、口が開きずらいといった症状がみられます。顎関節症が起こる原因は、いろいろなものがあります。

  • 噛み合わせが悪い(不正咬合)
  • 歯ぎしり、食いしばりをしている
  • 左右どちらかに偏って噛む癖がある(偏咀嚼)
  • 急に大きな口を開けた
  • ストレス
  • 打撲などの外的ダメージを受けた

など

親知らずによる顎関節症

噛み合わせが悪いと、咀嚼時に顎の左右をバランス良く使われないため、片方の顎に負担がかかり、顎関節症を引き起してしまうことがあります。
その噛み合わせを悪くする原因の中の一つに親知らずがあります。親知らずはもともと生えていた奥歯を前に圧迫するような形で生えてくることが多いため、全体的な歯並びのバランスが崩してしまうのです。
また、その親知らずを抜歯した後に顎関節症になるケースもあります。親知らずを抜歯をした後、痛みや違和感があって歯磨きが手抜きになったり、無理に口を開けたりして炎症を悪化させると、筋肉が硬くなって顎関節症になることがあります。
親知らず抜歯後の顎関節症はそれほど多いケースではありませんが、適切なケアをしないと顎関節症になることもありますのでご注意ください。親知らずが噛み合わせに影響しているかは、歯科医師に判断してもらうことをおすすめします。

顎関節症は適切な治療方法を

我慢できるからといって顎関節症を放置していると、顎が外れる、口が閉じないなど重症になることもありますし、適切な治療方法で対処しないと手術が必要になる場合もあります。
口が大きく開かない、顎が痛む、カクカク鳴るといった顎関節症の症状がある場合は、一度歯科医院や専門のクリニックで受診することをおすすめします。
親知らずは、必ずしも抜歯しなくてはいけないというものではありませんが、歯並びを矯正することで顎関節症が改善することも多いので、矯正歯科であれば総合的に診て適切なアドバイスをしてくれるのではないでしょうか。

Copyright (C) 2009 Hollywood Smile Orthodontics Ofiice All Rights Reserved.