矯正歯科コラム

口臭と虫歯や歯周病の関係

自分の口臭が気になっていませんか?口臭が気になって人の近くで話せないという人もいるかもしれません。口臭が気になると日常生活に支障が出てしまう場合もあるので、口臭の原因を知って正しいケアをすることが重要です。

口臭の原因は?

口臭には様々な原因があり、ニオイの強い食べ物の摂取、ストレス、不十分な歯磨き、また内科的な疾患からも独特の口臭が生じる場合があります。その中で虫歯や歯周病が原因で口臭が発生しているケースはかなり多く、大人の口臭のうち約9割が虫歯・歯周病が原因だと言われています。
ですから口臭が気になる人は、まずはそこからチェックしていきましょう。

虫歯が原因の場合

虫歯ができやすい人は基本的に歯磨きの習慣がない、歯磨きが上手にできないといったことから口内に歯垢が溜まりやすくなっています。歯垢があるとそこに細菌が繁殖して悪臭を放ちます。虫歯が進行して歯に穴が開くとさらに歯垢が溜まりやすくなるので、どんどん口臭も強くなってしまうのです。
また、虫歯が進行して神経が腐ってしまうと、今度は腐敗臭のような悪臭が生じ、最終的に歯肉の内部に細菌が入り込んで膿が溜まり、嫌なニオイを発生させます。
虫歯が原因の場合は、とにかく虫歯を治療することに加え、正しいデンタルケアを行い、普段から歯垢が溜まりにくい口内環境にしておくことが重要です。

歯周病が原因の場合

歯周病は、歯茎の病気で「歯槽膿漏」とも呼ばれています。歯周病になると歯と歯茎の間に隙間ができて、そこに細菌と代謝物が固まった「プラーク」と呼ばれるものが蓄積します。
プラークが溜まると細菌が増殖して悪臭を発生させますが、さらにこれを放置すると炎症が進み膿が溜まってさらに強い臭いを放つようになるのです。
初期の歯周病は気づきにくく、また虫歯のような痛みもないので放置しやすいのですが、これこそが口臭の原因となっているのです。
また大人のうち8割近くの方が歯周病だとも言われており、大人の口臭の原因として歯周病が最も多いのもこの理由です。
口臭が気になるようなら一度、歯科に相談してみることをおすすめいたします。

Copyright (C) 2009 Hollywood Smile Orthodontics Ofiice All Rights Reserved.