矯正治療症例一覧

凸凹の歯、出っ歯、うけ口、開咬、すきっ歯の症例を紹介します。

叢生(八重歯、凸凹、乱杭歯)の症例

症例1

年齢/20代
性別/女性
症状/叢生、上顎前突、過蓋咬合、狭窄歯列
治療方法/全顎マルチブラケット装置(表側)、QHにて上顎歯列弓の側方拡大をし叢生改善した症例。抜歯症例(2本)。
動的治療期間/1年9か月

症例2

年齢/20代
性別/女性
症状/叢生
治療方法/全顎マルチブラケット装置(表側)、4本抜歯をし叢生改善した症例。
動的治療期間/1年10か月
コメント/凸凹が気になると来院されて治療開始しました。ご姉妹で治療されました。

叢生の症例イメージ

出っ歯(上顎前突)の症例

症例

年齢/20代
性別/女性
症状/上顎前突、叢生、開咬
治療方法/全顎マルチブラケット装置(表側)、2本抜歯をし叢生改善した症例。
動的治療期間/1年10か月
コメント/出っ歯が気になるというお悩みで治療開始されました。

出っ歯の症例イメージ

受け口(下顎前突)の症例

症例

年齢/30代
性別/女性
症状/下顎前突、叢生、顎扁位、正中扁位、顎関節症
治療方法/全顎マルチブラケット装置(表側)、3本抜歯をし叢生改善した症例。
動的治療期間/約2年
コメント/顎が痛くて来院。顎関節症と診断。スタビリ型スプリントを使用し顎位を探し、正しい顎位で嵌合させるように歯列を並べた症例。

受け口の症例イメージ

開咬(かいこう)の症例

症例1

年齢/10代
性別/女性
症状/開咬、下顎前突、上顎歯列弓の狭窄、正中扁位
治療方法/全顎マルチブラケット装置(表側)、QHにて上顎歯列弓の側方拡大をし叢生改善した症例。非抜歯。
動的治療期間/約1年半
コメント/上顎の狭窄の改善にQHを使用し側方拡大をして上下の歯列弓の幅をあわせ、叢生を改善し(非抜歯)、低位舌(舌位)の改善にMFTを行った症例。

開咬の症例イメージ

症例2

年齢/20代
性別/女性
症状/開咬、上下顎前突
治療方法/全顎マルチブラケット装置(表側)、4本抜歯をし叢生改善した症例。
動的治療期間/1年8か月
コメント/口元の突出感が気になり来院。嚥下時の舌の突出する癖(舌癖)が存在したため、MFTを併用し、4本抜歯をし前歯の被蓋改善と唇側傾斜を改善した症例。

開咬の症例イメージ

すきっ歯(空隙歯列)の症例

症例1

年齢/20代
性別/女性
症状/空隙歯列、正中離開
治療方法/上顎のみのマルチブラケット装置(表側、部分矯正治療)にて0.5年治療。非抜歯。
コメント/上唇小帯の肥厚が原因で正中が離開していた。小帯切除術という簡単な外科治療を矯正治療前におこない、マルチブラケット装置にて空隙の閉鎖を行った症例。

すきっ歯の症例イメージ

症例2

年齢/20代
性別/女性
症状/空隙歯列
治療方法/上顎のみのマルチブラケット装置(表側、部分矯正治療)にて0.5年治療。非抜歯。
コメント/永久歯の先天欠如のため空隙が存在。部分矯正治療で閉鎖。マウスピース矯正治療でも可能。

すきっ歯の症例イメージ

その他の症例動画はコチラ

Copyright (C) 2009 Hollywood Smile Orthodontics Ofiice All Rights Reserved.