小児矯正歯科 | 新宿の矯正歯科

小児矯正歯科 PEDIATRIC ORTHODONTICS

小児矯正歯科のイメージ

治療について

小児矯正歯科治療は、まだ成長段階である顎などの骨格を整える「第一期治療」と、歯の位置を整える「第二期治療」の2段階で行います。

おおよその目安ですが、第一期治療は312歳くらいに、第二期治療は10歳~成人の間に行われ、一人ひとりの歯並びや骨格、噛み合わせを見ながら歯科医師が治療計画を立てていきます。

第一期治療

受け口や出っ歯といった主に骨格による症状の場合は、比較的早い段階から治療を開始した方が治療効果が得られます。治療の種類はいくつかあり、歯並びや骨格の状態から最適な治療方法を選択します。

第二期治療

きれいな歯並びに整えるために、ワイヤーを使って歯列矯正を行います。治療が終わったあとも後戻りを防ぐために専用装置を使用することになりますが、第一期治療が順調に進み、永久歯に影響がない場合は第二期治療自体を行わない場合もあります。

小児矯正歯科の「床矯正」

「床矯正(しょうきょうせい)」とは顎の形を整える治療で、治療対象のほとんどが子供になります。

顎が狭いことによって歯がデコボコになったり、噛み合わせが悪い場合、専用の装置を装着することで顎を広げたり、正しい形に整えていきます。これはまだ成長段階である子供だからこそできる治療です。通常の装置と違って自分で取り外しができるので、食事の際に邪魔になることもなく、歯磨きも通常通りできます。ただし、子供の場合、違和感から自分で外してしまうケースも少なくないので、自己管理ができないと歯並びを治すこと自体難しくなってしまいます。

 

ご紹介したように、この分野の治療はまだ成長段階だからこそできる治療です。

大人になってしまうと抜歯が必要になるケースでも、子供なら抜歯なしで歯並びを整えられることもあります。お子様の歯並びが気になる場合は、専門医がいる歯科医院に相談して正しい治療を受けることが重要です。

メリット

当院にもお子様の歯並びに悩んでいる親御様たちが多く相談にいらっしゃいます。

小さいお子様にとって矯正歯科治療は多少のストレスに感じるかもしれませんが、お子様自身の未来を考えればメリットがたくさんありますので、是非治療を前向きにお考えになられたらと思います。

コンプレックス解消

子供の頃は、外見からあだ名をつけられたり、からかわれたりということも多くあります。

特に口元は目につきやすいので、歯並びの悪さが原因でからかわれることもあるかもしれません。子供の場合は多感な時期ですので、それが原因で余計なコンプレックスを持ってしまうかもしれません。

早めに目立つ部分の歯並びを改善し、コンプレックスを解消してあげることで、自信に満ちた健全な精神で成長する環境を整えてあげることもできます。

仕上がりがきれい

子供の顎はまだ成長段階ですから、顎の成長をバランス良く導いてあげる小児矯正歯科の治療を受けることで、より歯並びを綺麗に仕上げることができ、本格矯正をしなくても済むケースもあります。また、乳歯の抜歯タイミングをコントロールすることで、永久歯が正しい方向に生えるように促すこともできます。

このように成長途中だからこそ、そこまで大がかりな矯正治療でなくても、きれいな歯並びに仕上げることも可能になります。

治療リスクが低い

大人になるとすでに骨格の成長がストップしていますので、場合によっては矯正治療に抜歯や手術が必要になることもあります。人間の歯はどの歯もとても重要な役割を果たしていますので、矯正治療においても抜歯しなくて済むならそれに越したことはありません。

また、骨格が原因で歯並びや噛み合わせが悪い場合、外科手術が必要になることもありますが、成長段階の子供なら歯だけでなく骨格もまだ成長途中なので、骨格を含め矯正することができます。早い段階で矯正治療を行うと、噛み合わせの悪さによる顎の負担や歯のすり減りも軽減できます。このように、矯正治療におけるリスクを軽減できるのも小児矯正歯科のメリットのひとつです。

開始時期と治療期間

小児矯正歯科の治療を始めるタイミングは、お口の状態によって、人それぞれ違います。

歯並びや噛み合わせの状態によって、最適な治療開始時期は異なりますから、できれば早めに歯科医師に相談しましょう。

基本は永久歯が生えそろう前

成長期の子供が矯正治療を受けるタイミングは、不正咬合(噛み合わせの悪さ)の度合いであったり、顎の成長であったり、また永久歯に生え変わるタイミングだったりが治療開始の目安になります。また、歯並びが悪くなるような生活習慣があるのかどうかも、治療開始時期に関わってきます。

一般的には永久歯が生えそろう前の段階から治療を受けることで、永久歯に生え変わるときの準備を整えることができると言われていますが、場合によっては永久歯が生えそろってからの治療がベストなこともあります。

具体的な年齢について

上下の顎のバランスを考慮しながら永久歯が正しく生えるための準備もできる治療ですので、乳歯の頃から治療開始するのが望ましいです。早い治療が必要な場合は36歳頃から治療スタートしたほうがスムーズな矯正治療ができますが、この年齢を逃すと正しい歯並びに治せないというわけではなく、6歳以上から治療を受ける人もたくさんいます。

治療開始が遅くなると、かなり大きくなるまで装置を装着していることもありますので、骨格が原因で受け口などになっている場合は、やはり早期治療が望ましいでしょう。

治療期間は?

治療の流れとしては、永久歯が生えそろう前に土台となる顎を整え、永久歯が生えてくるまでに準備万端にしておきます。そこで治療を一旦ストップして永久歯が生えそろうまで観察し、その後、また状況に応じた治療を進めていきます。

治療期間の目安は顎の成長をコントロールする第一期治療が1年前後、永久歯が生えそろってから行う第二期治療が1年半~2年半となりますが、成長に沿って進めていくため、第一期治療と第二期治療の間が1年以上ほど開くこともあります。

費用について

矯正歯科治療は費用がかかるイメージがありますが、子供の治療は、段階的に治療を行うため、成人とは費用体系が多少異なります。

第一期治療と第二期治療の費用について

小児矯正歯科の治療は永久歯が生えそろう前に行う第一期治療と、永久歯が生えそろってから行う第二期治療があります。

第一期治療の費用

第一期治療にかかる費用の相場は3060万円となっています。

内訳としては、初診料や相談・精密検査など治療の前段階に5万円ほど、装置代を含めた治療の費用が2550万円程度、そのほか通院の際にかかる費用が毎回1,000円~1万円ほどかかってきます。

歯科医院によっては、初診料や検査料などが無料のところもありますので、実際にかかる総額については歯科医院に直接確認しましょう。

第二期治療の費用

第二期治療はトータルで2565万円が相場となっています。

こちらは基本的な料金が2060万円ほどと、通院ごとの費用が必要になります。

表側矯正をするか裏側矯正にするか、といった治療内容によっても治療費が異なるので、最初にしっかりと治療費用を確認するようにしてください。

 

このように、第一期・第二期治療を合わせるとトータルの費用は50120万円ほどとなりますが、第一期治療がうまくいった場合は、第二期治療が不必要になるケースもあります。

また、第一期治療を受けず第二期治療から治療をスタートする場合も、トータル70100万円とある程度の費用がかかります。

小児矯正歯科は保険適用される?

矯正歯科の治療は基本的に公的保険が適用されない「自由診療」にあたります。

ただし、口唇裂(こうしんれつ)などの先天的咬合機能異常や顎変形症など、通常の治療だけでは治療できないような方は、外科手術と歯列矯正を併用した治療を行う場合があり、その場合は保険適用が可能になります。

治療期間・費用「矯正治療例」

治療期間・費用「矯正治療例」

見えにくい矯正「舌側矯正」

見えにくい矯正「舌側矯正(裏側)」

目立たない・取り外しできる「マウスピース型矯正装置(インビザライン)」

目立たない・
取り外しできる
「マウスピース型矯正装置(インビザライン)」

費用を抑え、あらゆる症例に対応「唇側矯正」

費用を抑え、
あらゆる症例に対応
「唇側矯正」

より美しく見せるために「お口のエステ」

より美しく見せるために「お口のエステ」

部分矯正のイメージ

「部分矯正」

小児矯正歯科のイメージ

「小児矯正歯科」

矯正歯科の疑問・お悩みを解決「矯正歯科Q&A」

矯正歯科の疑問・
お悩みを解決
「矯正歯科Q&A」

© ハリウッド・スマイル矯正歯科 All Rights Reserved.

ご相談・カウンセリング

メール相談 カウンセリング予約
03-3355-0055 火曜・水曜・金曜/11:30~20:00
土曜・日曜・祝日/10:00~19:00
(休診日:月曜・木曜)